秋元真夏のあざといキャラはいつから?あざといキャラで嫌われている?あざといは計算!?

秋元真夏さんは、あざといキャラで注目を集めていますよね。

彼女は、握手会でも、コスプレを着たり、露出の多い服を着てファンを魅了しています。

冬でも肩を出したり、太ももが見えるミニスカートを穿いたりしてますよね。

秋元真夏さんのあざといキャラにせまってみましょう。

プロフィール

名前   秋元真夏 
愛称   まなつ まなったん
生年月日 1993年8月20日
身長   154cm
出身   埼玉県
血液型  B型

高校生では、目立ちたいと理由だけで、生徒会長を務めていました。

特技は、料理

お菓子づくりも上手で、時々、メンバーに

ガトーショコラや、いちごタルトを作ってあげています。

運動オンチの割にスキーは上手です。

冠番組の「乃木坂ってどこ?」の企画で

スキーのチーム対決で先生をしていたのは意外でしたね、

スポンサーリンク
レクタン(大)

秋元真夏のあざといキャラはいつから?

加入当初は、真面目そうな女の子でしたよね。

握手会に初めて参加した時から、

どうしたら、ファンに喜んで貰えるか真剣に考えたんでしょう。

AKB48グループの釣り師須田亜香里さんを尊敬する芸能人にあげていますね。

必殺技の「ずっきゅん」は、割と最近で、

2014年8月の全国握手会の8月誕生日メンバーが挨拶するときに

何気なく発した言葉

20歳になりました。

抱負は、あなたのハートをずっきゅんと射貫くようなアイドルになることです!

と言ったのが始まりでこれがファンの間で話題になって

「ずっきゅんて何?」と言われた時にポーズを付けてから広まったみたいですね。

秋元真夏があざといキャラは計算?

秋元真夏さんは、名門女子高卒業後、

アナウンサーを輩出する有名女子大に入学しており、

乃木坂メンバー内の学力テストでも一位を取るほど、頭脳明晰な女子です。

秋元真夏は実は頭いい!天然キャラも頭がいいから出来ること!

当然、どうしたら、自分を可愛く見てもらえるか、

いつも考えていて、自己プロデュースが上手です。

スタッフの目にも可愛く見えるように

スケスケのスカートを穿いてくることがあるみたいですね。

新曲テレビ初披露前の振り確認時、

秋元さんの短くてシースルーのレッスン着にはまいやん(白石麻衣)が

「その恰好はなんだ」と怒ったのは有名な話です。

秋元真夏のあざといキャラで嫌われている?

秋元真夏さんのあざといキャラは、

まいやん(白石麻衣)を

「白石さん」(いつもの表情)⇒「黒石さん」(激怒した顔)

にちょくちょく変身させています。

ある時は、三輪車のペダルを反対向きに漕いで

後ろに進んだことがありました。

この時はまいやんに

「さすがにそれはやり過ぎだろう!」

「三輪だから転ぶことはないの。ただ、ペダルを踏めばいいだけなの!」

と公開説教をされていました。

また、ちょくちょくコンサートで転んでいて

ワザとではないかとメンバーに疑われることがよくあります。

4thバースデーの時は、

みんなで手を上げたら花火があがるという演出の場面で、

真夏さんは立ち位置を間違えて、

戻ろうとした時にコケてしまった直後に花火が上がってしまいました。

これが番組のVTRで

公開されまいやん(白石麻衣)に「最低!」と毒づかれていました。

でも、番組を盛り上げるために、まいやんも強く言ってしまうので、

番組終了後に優しく「言い過ぎちゃってごめんね」と言われることも多いとか。

まとめ

秋元真夏さんは、ファンやスタッフにも愛されるようけなげに努力している人です。

自分でも「こんなに可愛いのに」とか言ってるのを見ると

クスッとなってしまいますが、憎めないキャラですね。

「ずっきゅん」の次の必殺技も考えることもあるみたいなので、こちらも楽しみですね。

スポンサーリンク
レクタン(大)
レクタン(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です